専業主婦でも借りれるキャッシング

カードローン会社の選び方

カードローンは本人に安定収入がないと利用できませんが、無職の専業主婦でも銀行のカードローンなら借入を申し込むことができます。
専業主婦のキャッシング方法について解説します。

消費者金融は利用不可

専業主婦の借入には総量規制という法律が大きくかかわってきます。
総量規制は貸金業法の一つで、利用者本人の借入総額が年収の1/3を上回る場合、新たな貸付はできないという内容になっています。
行き過ぎた個人向け融資から消費者を守るために制定されました。

 

消費者金融はこの総量規制の対象となる貸金業者にあたるため、年収の無い専業主婦は利用することができないのです。
例外として配偶者貸付制度というものがありますが、手続きや書類審査が煩雑なため、大手消費者金融ではほとんど取り扱いがありません。

銀行は総量規制の対象外です

銀行は銀行法による営業であるため、貸金業法の影響は受けません。
銀行カードローンも総量規制対象外となり年収制限を受けないため、一部の銀行では年収ゼロの専業主婦にも貸付を行っています。
ただし配偶者に定収入があることが条件となっています。

銀行カードローンの選び方

銀行カードローンの中でも「専業主婦でも借入OK」と明記されているものを選びましょう。
すべての銀行カードローンが専業主婦向け融資に対応しているわけではないので、事前にどのカードローンなら利用できるか確認する必要があります。

銀行カードローンの申し込み条件と必要書類

専業主婦向けの銀行カードローンなら面倒な書類は一切不要です。
必要書類は本人確認書類のみで、配偶者の同意書や所得証明書は不要なので、手軽に申し込みができます。

誰にも知られずにスピーディに申し込み

夫や家族にバレるのが心配という人におすすめなのが、インターネットやテレビ窓口を使った申し込み方法です。
スマホやパソコンを使ったWEB完結なら申込み後の融資スピードもはやく、契約後すぐに振込融資を依頼できます。
また銀行店舗に併設されたテレビ窓口ならその場でスピード審査&カード発行が可能です。

 

また専業主婦向けのカードローン審査では、夫の信用情報の照会や夫の勤務先への連絡はありませんので安心です。

キャッシングの注意点

手軽にお金が借りられるとあって人気の銀行カードローンですが、くれぐれも自分の返済できる範囲を考慮して借入れすることが大切です。
専業主婦は自身に収入がないので、特に借りすぎには要注意です。

 

専業主婦でも借りられる銀行キャッシングはこちらのサイトで紹介されています。
旦那に内緒で借りることが出来るのでバレることな借入したい専業主婦の方必見です。


このページの先頭へ戻る