キャッシングの注意点

キャッシングの注意点:返済計画をしっかり

消費者金融や銀行などからお金を借りる「カードローン」は、申し込み当日中に借入れを完了させることも出来るといった魅力が多いサービスです。緊急事態で大きなお金が必要な状況では、自分の貯金で対応できれば一番良いのですが、そもそも貯金をしていなければ無理な話です。また、しっかりと貯金をしていたとしても、その金額を超える額が必要になってしまった場合にも対応することが出来なくなってしまいますが、そのような時には尚更カードローンが便利です。

 

実際に融資を受けることが出来る金額は、収入や申込者の信用能力・返済の力などによって変わります。収入面については提出書類で自己申告となる場合も多いので、多少はさばを読んだ金額で申告することも出来ます。特に総量規制の対象となっているカードローンを利用する場合には、年収が多ければ多いほど借りられる金額も多くなるので重要になってきます。ただし、あまり現実の収入と違う場合はリスクが大きくなってしまいますし、収入証明書の提出が必要になることもあるので注意が必要です。

 

緊急事態であればあまり悠長に考えている暇はないかもしれませんが、それでも「ある程度しっかりとした返済計画を作成してから申し込む」という事は十分に意識することが大切です。

 

返済計画を提出することはありませんが、借りた後になって「返済が出来ない」となっても後の祭りです。そうならない為にも、健全に利用出来る範囲を知る為にも返済計画を作成しておきましょう。


このページの先頭へ戻る