フリーローンとカードローンの違い

フリーローンとカードローンの違いはどこにある?

銀行のローンには、カードローン、フリーローン、目的別ローン、住宅ローン、不動産担保ローンなどさまざまな種類があります。そのうちカードローンとフリーローンは、担保不要、保証人不要、資金使途自由なので比較的借りやすいローンです。自動車の購入といったように、目的がはっきりと決まっているならば目的別ローンがおすすめですが、自由な目的でお金を使いたい場合にはカードローンかフリーローンのどちらかを選ぶことになるでしょう。それではこの両者の違いはどこにあるでしょうか。

 

フリーローンは、昔からある通常のローンのことであり、特に特徴はありません。一方でカードローンとは、限度額の枠内ならいくらでも自由に繰り返し借りられるタイプのローンです。大手の消費者金融が提供しているのもこのタイプであり、現在ではカードローンのほうが主流になっているようです。一度お金を借りたら後はそれを毎月返していくだけなのか、いつでも審査無しで追加融資が受けられるのかというのが両者の最大の違いです。

 

このように、カードローンのほうが便利ではありますが、便利である分同じ金額なら審査は厳しいようです。大きな金額を借りるなら、フリーローンのほうが審査に通りやすいでしょう。また、金利もややフリーローンのほうが低い傾向があるようです。

 

一般的には、カードローンを作る人が多いようですが、目的によってはフリーローンのほうがメリットがあるので、お金が必要になったら両者のメリット・デメリットを比較して、自分の目的に合ったほうを利用するようにしましょう。


このページの先頭へ戻る