カードローンの返済方法

効率がいいカードローンの返済方法

銀行カードローンの返済方法には、一括返済とリボルビング返済方式があります。
はやく完済して利息の負担を抑えることに重点を置くのなら、一括で返すのがもっと効率がいいと言えます。しかし借入金額によっては一括で返すことができません。そんな時にはリボルビング方式で返していきましょう。

 

リボルビングは直訳すると「周期的に起こる」という意味があるので、借り入れにおいては周期的に返していく方法ということになります。
主に5つの種類があり、元金定額リボルビング、元利定額リボルビング、元金定率リボルビング、元利定率リボルビング、残高スライドがあります。どれが利用されているかは銀行によってかわるのでチェックしておきましょう。
元金とは一定額に利息を加えて返す方法、元利とは一定額の中に利息を含めて返す方法です。定額とは毎月指定された一定額を返す方法、定率とは元金残高に対する率で決まる返済額を返していく方法です。スライドとは元金残高に対して返済額を変更して返していく方法です。
これらを組み合わせて方式が決まりますが、利息の負担を抑える効率性でいうと元金定額リボルビングがいいでしょう。

 

いずれにしてもリボルビング方式は余裕を持って返していくことができるのが特徴ですが、長期になるほど負担が大きくなります。借入日数分の利息を支払うため余裕がある時には前倒しで返してしまうのはもちろん、ボーナスを充当させるなど工夫して早めの完済を目指してください。


このページの先頭へ戻る