カードローン限度額

消費者金融を利用した場合のカードローン限度額目安

カードローンは利用限度額の範囲の中で繰り返しお金を借りる、キャッシングが出来る便利なローンで、カードローンは銀行や消費者金融などで申し込みが可能になっています。

 

銀行は総量規制の対象外となるため、申し込み額は返済能力を考えての金額で申し込みが可能になりますが、消費者金融は総量規制が適用されるため、申し込み額は年収の3分の1未満にしておくことが重要となります。

 

因みに、消費者金融で借入する時、既存の借金が在る場合には年収の3分の1の額から借入額が差し引かれた残りの金額が申し込み可能額になるので注意が必要です。

 

例えば、年収300万円の人であれば、100万円までの融資が可能になりますが、他社からの借入が30万円在る人は70万円までの申し込みが可能になると言う事です。

 

また、総量規制には50万円を超える融資と他社からの融資が在り、申し込み希望額との合計額が100万円を超える時には年収を証明する事が出来る書類の提出が必須となります。

 

源泉徴収票や直近の給料明細書、個人事業を手掛けている人の場合では確定申告書や納税証明書と言った書類を用意しておくことが大切です。

 

銀行などの場合は、総量規制が適用されないので借りる事が出来る金額も多くなりますが、返済能力を考えて利用限度額を決めておくことが無理のないカードローンを利用する事が出来るようになります。

 

また、借りる事が出来る金額は、年収の何割までと言う形で考えた場合、総量規制と同じく年収の3分の1以内と言う金額で抑えておくのがお勧めです。


このページの先頭へ戻る